卒園式で母の着物を着る

娘が卒園式で袴を着たのですが、私も着物で出席しました。

 

母に着物を送って。とだけお願いして送られて来た着物。

お宮参りで着た着物が送られてくると思ったら別の物が来ました。

私の小学校入学式に着て以来、30年振りだそうです。これ、30年も眠らせていた母。

日本の箪笥にはこんな着物が沢山あるんだろうな。。

 

髪飾りも母は送ってくれたのだけど、またまた、直前にラゾーナでこちらを購入しました。

バックはこちら、地元姫路の姫革細工。

おのさんで購入しました。

職人さんも減っているそうです。応援も兼ねて購入しました。着物に合います。

 

卒園式で保護者の着物は私一人でした。

私にとっても最初で最後の卒園式かと思うと本当に着て良かったです。

 

その後、母に着物のエピソードを聞くと、おばあちゃんと二人で地元佐用三日月の呉服屋さんで仕立てた着物だそう。お母さんに似合う着物を相談して作ったそうです。

それなのにお母さんは2回して着てないし、私は存在すら知らなかった。

 

着物文化って素敵ですよね。

着物にはそれぞれの思いや、エピソードそれぞれあると思うと愛しいです。

 

今年久しぶりに友人の結婚式があるのですが、これで出席する予定です。35歳を過ぎてると、着物が良い。何故今迄気がつかなかったのだろうか、、ある年齢に達しないと気付かない事ってあるなぁ。と思うのでした。